2016

09.30

« アニメーターの原画試験を受けました »

アニメ会社に入社して清書と中割りの仕事を続け2年が過ぎ、
この会社で原画になることを諦め転職活動を始めて落ち続けていた矢先
原画に昇格できる試験を受けられることになりました。

課題として3カット分の絵コンテを渡され、内容に沿った原画を2週間で描きます。
普段の仕事の合間に作業するようにと言われました。
普段の仕事をおそろかにした場合不合格になるそうです。

試験の結果は監督、作画監督、会社取締役の3人と面談をするような形で伝えられます。
会話をするのは初めてでした

「才能がないから諦めたほうがいい」と言われるのも覚悟していたのですが、
「初めてにしてはとてもよく描けている」「振り向きの描写に愛を感じる」と思いがけず褒められました

褒められた振り向きのカットは一番最初に手を付け比較的丁寧に描けたものでした。
締め切りギリギリに描いたカットは椅子から立ち上がる動きだったのですが
足の運びが無かったりと原画枚数の足りないかなり大味な動きになっていました。
自分で動作してみて細かな動きをしっかり観察するように言われました。

あと指摘されたのはレイアウトのパース
縦のパースは上級者向けなので無難に平行にしたほうがいいとのアドバイスを貰いました
消失点が複数あると言われこのような修正を監督に直筆で入れられました


160930.jpg

画像は再現絵です だいたいこんな感じでした

30分ほどで試験面談は終了しました。
プロのアニメーターに自分の絵を添削してもらえることはアニメーターを目指した理由の一つだったので
一つの目標が達成された気分でした
だけど…
ここに到達するまでの2年はちょっと長すぎましたね…

辛いことがたくさんあり、とっくに心は折れていました
しかし思いがけず褒められたことで折れかかった心が少しだけ戻ってしまいました
入社当初から実務経験が積めたらCG系の会社へ転職したいという考えはあったのですが
せっかくここまで頑張ったのだから原画を経験してから転職したほうがいいのでは、と
大きな迷いができてしまいました

試験は月一回、実力に応じて変動するそうですが大体3回を予定しているそうです
今年中に原画になるのは難しそうですね
前身の会社では原画になるまで最低3~4年はかけていたという話を聞いたのでそのころに比べたら大分マシみたいです
試験に合格しても第二原画というラフで描かれた原画をある程度整った線で清書する仕事が待っています(収入は原画の半分です)
アニメーターのスタートラインというイメージのあった原画になれるまで耐えられるだろうか

お笑い芸人に例えるなら動画の仕事はほぼノーギャラで舞台に毎日出演しているようなもの
原画は地上波テレビへの出演みたいなもので原画試験は放送作家にネタを見てもらうオーディション
今辞めたらあこがれの業界で活躍できるかもしれなかった少しの可能性をふいにしてしまったことを
ずっと悔やみ続けてしまう気がするんです

仕事自体はとても楽しいしやりがいのあるものなのでできることならずっと続けていきたいのですが
自分の中での葛藤がひどくて…うーん…
固定給や正社員登用のあるアニメ会社は全部落ちてしまったし…

別の本業があってその傍らフリーで原画アニメーターができたらいいんですけどそんなの考えが甘すぎますよね



仕事トラックバック(0)  コメント(2) 

    2015

12.30

« クビになるかもしれない一ヶ月 »

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

仕事:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2015

09.30

« 地獄のような時間だった »

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

仕事:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2014

09.30

« アニメーターのこと 原画トレス編2 »

まだ仕事始めて半年のくせにおこがましい気がしてきてすこし恥ずかしいんですが
前回の続き、アニメーターの仕事について書きます…


原画をなぞるとき、こういうなんかよく分からない線が描かれてたりすると迷います
そのままなぞっていいものかどうか・・・
どれだけ違和感無くそのままなぞることができるか工夫しながら描いては消してを繰り返すうちに
無駄な時間を食います


服の皺だと解釈しました


原画にこんな指示が書かれている場合パーツごとに2枚に分けて描かないといけません
腕だけ動いて体が動かないからです


体がAセルで

腕がBセルになります



こういう「合成」というのもありますが違いはよく分かりません

これを見落としてうっかり一枚に描いてしまったりすると
余計に描いた分を全部消さないといけないので最悪です
描いてる途中うっかり忘れてしまい何度かやらかしました

消すのが面倒なのといえば色鉛筆の線です
影の線なんか中割りするときなかなか形がとれず何度も書き直したりするので当然どんどん紙は汚くなります
中割りに関してはまた次回書きます

仕事トラックバック(0)  コメント(2) 

    2014

08.30

« アニメーターのこと 原画トレス編1 »

アニメーターの仕事を始めて数ヶ月が経ちました
書きたいことも溜まってきたので小出しにして書いてみようかと思います

棚に「カット袋」という
原画やレイアウト用紙やタイムシート用紙など作業の指示が書かれた紙が詰め込まれた袋が積まれていて
それを上から順番に取っていって作業を始めます
特に何も言われていませんが好きなものは選べないと思います
楽なのに当たればうれしいです
詳しくは検索してください


こんな感じの原画が入っているのでまずこれをなぞってきれいに清書します
影は色鉛筆で塗られています


色つきの薄い紙が入っていることがあります
これは作画監督の修正絵なのでこちらを先にトレスして
残りの空白部分を修正前の絵をトレスすることで埋めていきます


指の微妙なふくらみだとか服の皺だとか考えながらなぞらないといけません
鉛筆の線がざらざらしててなかなか綺麗な線が描けません

前の日記にも書きましたが線がざらざらでスキャンしづらいとクレームが来たこともあったので
気をつけて描いてます
すぐ線が太るので鉛筆はしょっちゅう削ります
3日も使えばだいたい無くなります
もったいないですね

スーっと一発で線が引けたらいいんですけどなかなか難しいので
ちょんちょんちょんちょん・・・とちょっとずつ線を描いて
ノック式消しゴムでやさし~くなぞって線を整えるという技を編み出しました

あぁこんなことしてるからクレームがきたのか



眠いので続きはまた今度書きます!

仕事トラックバック(0)  コメント(2) 

 |TOP