2014

06.20

« アニメーターの仕事をはじめました »



春からアニメ会社でアニメーター(作画)の仕事を始めました
今月研修も終わり本番の仕事も始まったのでどんな感じだったか書いていこうと思います

まずお菓子が常備してあって食べ放題です
タイムカードなどは無くていつ来ても帰ってもよさそうなふわふわした雰囲気で戸惑いました
制作進行、CG、作画、演出、監督、すべての部門が衝立で分けられただけの同じ部屋にいます
なので耳を澄ますと演出をどうするかや最近のアニメについての興味深い話が聞こえてきます
作画は基本的に誰もしゃべりません
作業中はipodに入れたラジオをずーっと聞いてます
主に聞いているのは「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」です
有吉さんの替え歌が頭の中をずっとぐるぐるしてます

研修は過去のアニメの原画をもらって清書することでした(画像のが清書したものです)
自分以外の全員がアニメの専門学校の出身だったので早く追いつけるよう
「タイムシート」の書き方など細かいルールを必死で覚えていきました

研修が終わり本番が始まって数日後、社長に呼び出されました
線が荒くてスキャンがしづらいとクレームが来たそうです

研修中は薄い線でもOKは出ていたので
いいスキャナーを使ってるからこんなざらついた薄い線でも綺麗にスキャンできるんだろうな
なんて思ってたんですがだめだったんですね

新作アニメを放送一ヶ月前に見られたのが嬉しかったです
自分が担当した部分は主人公が友達に一言話し掛けられる一瞬の場面でした

スタジオのテレビ取材も来ました
制作風景の撮影をすると聞いて自分の絵が映りこむよう棚の目立つところに飾っておきました
放送されるかな?たぶん映ってないだろうけど楽しみです

日記トラックバック(0)  コメント(2) 

 |TOP